[Home Page] [全画面表示] [ニュース検索] [説明]


   14/01/16 (Thu)  見山(衣笠山〜藤谷)
.jpg / 210KB.jpg / 224KB今年初めての見山を行った。
衣笠山の頂上手前に所有山林があり、山の尾根から藤谷が見える。
老人保健施設 あきつのが見え、上秋津中学校が対面に見える場所へ下って来るまでにも所有雑木山林がある。
境界を確認する為が最大の目的だ。
役員の中に初めてこの場所を歩く人がいる。
僕も二度目となった。
これで完璧と言いたい所だがなんせ、地理には滅法弱い。
ここで威力を発揮できるのがGPS(ガーミン)だ。
一端、歩いた場所を記録すれば完璧。
歩いている時に見つけたウバメガシ。
『甲虫カシノナガキクイムシ』の穿入孔だ。
木くずを出していた。
クヌギやコナラを食害し「ナラ枯れ」が和歌山県でも広がってきている。
(材内に穿孔し、媒介した共生菌(ナラ菌)により奇主が枯死する「ナラ枯れ」)
ウバメガシと言えば、紀州備長炭の原木だ。
ウバメガシは枯れにくいので発見するのが難しいと言う事だが迅速な対応が求められる。
被害木の処理方法を勉強しなくてはなりません。
(N)


   13/11/13 (Wed)  みどりの少年団
.jpg / 484KB小学校のみどりの少年団活動に参加しました。愛郷会所有の山林に、昭和51年当時の小学生と父兄でヒノキを植林して学校林として育ててきました。ずいぶん立派になりました。団員を前に説明する野村理事です。(M)


   13/11/12 (Tue)  おみごと!
.jpg / 467KB試験園のホンシメジです。今年は豊作です。


   13/11/08 (Fri)  見山・鷹巣城跡
.jpg / 318KB.jpg / 343KB11月7日に山祭りの後、見山を行った。
奇絶峡入口の川中口、通称第二堰堤付近に流れ込む『こやん谷』を入って、垂直の様な場所を登る。
「もぉーこんな所は、登らんぞ!怖いよぉ〜」と言いながら登る。
特にNの場合は、毎度の事しんがりを務めているのだ。
後を振り返ると新鮮な景色が見れた。
山担当が「もうすぐポイントだ!」と言う。
何やらGPS(ガーミン)で位置を確認している。
「有ったぞ!」って聞こえた。
ひっそりと頭を出した松茸が出ていた。
落札されている方に電話をして伝えた。
その直後、雨もきつくなり、大岩で雨宿りするも一向にらちが開かない。
雨の中、山を上がり、下って来ました。
ここも松枯れが心配な場所だなぁ〜と感じました。(N)


[BACK]   [NEXT]   [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59]

049678
- Web Diary -